交通事故で裁判へ 裁判までの流れをわかりやすく紹介

交通事故を起こし、示談交渉等を経て、過失割合や賠償金に不満を感じたことはないでしょうか?

その際、裁判を考えたが、あまりよくわからなかったり、めんどくさいと思った方はいると思います。しかし、自分が納得いくまで追求しないと損をしたり、もやもやすると思います。

そこで、この記事では裁判をするにあたっての流れを詳しく紹介していきたいと思います。

これを見て裁判をしようと考えている方はまず、一連の流れを把握してもらえればいいなと思います。

民事裁判の流れ・裁判について

交通事故にあうと、まずは加害者、被害者の間で示談交渉を行います。いきなり、裁判へと行くひとはほとんどいないために、誰もが示談交渉をすると思います。

この際多いケースは、過失割合、賠償金の額で話がまとまらず、調停、ADRへと発展するケースです。これでも解決しない、示談交渉がまとまらなかった時点で、

交通事故の被害者である人が加害者を被告として、裁判・訴訟へと発展することになります。

これが最終手段となります、、、、。

裁判ではなにを争うの??

基本的に交通事故での裁判では論点は賠償金の額となります。

裁判というのは2種類存在し、みなさんが真っ先に思い浮かぶ裁判は刑事裁判と呼ばれるものです。交通事故の損害賠償に関する裁判は民事裁判と呼ばれ、刑事裁判とは異なります。

    • 刑事裁判
    • 民事裁判

刑事裁判
刑事裁判では加害者に刑罰を負わせる場合に行われるもので、提起できるのは検察官だけとなります。

民事裁判
民事裁判は加害者への賠償金の有無、額を決めるものでだれでも提起することができます。

裁判による論点と提起

民事裁判 刑事裁判
論点 賠償金の有無、金額 刑罰
提起人 誰でも 検察官

民事裁判、訴訟の流れ

ここでは誰もが気になる、知りたい内容である裁判をするにあたりどのような流れをふめばよいかをご紹介します。

引用https://弁護士交通事故.com/saiban/

裁判所に訴状を提出

提出先

民事裁判をする場合には訴状と呼ばれる書類を裁判所に提出します。

  • 住所(被害者、被告)
  • 交通事故の現場住所

これらを管轄する裁判所へ提出しましょう。

賠償金の請求額が140万円以下、以上では提出先が異なります。

  • 140万円以下・・・簡易裁判所
  • 140万円以上・・・地方裁判所

となりますので、間違えないようにしましょう。

内容の具体例は、、、、

  • 当事者の住所
  • 当事者の氏名
  • 事故の内容(具体的に)
  • 請求金額

 

※代理人を選定した場合

委任状などの追加書類が発生します。また、費用の印紙、郵便切手も提出します。

第1回口頭弁護論期日

上記の図にあるように訴状を提出してから1-2ヶ月後に第一回口頭弁論期日が裁判所より指定されます。

この指定された日時に裁判所へ行くようにしましょう。

※被告人の場合

第一回口頭弁論期日には答弁書を裁判所へ提出済みであれば出席の必要はありません。

被告人がこの期日までに争いの意思が見られない場合は請求内容で判決が下され、裁判は終了となります。

意思が見られる場合は次へと進みます。

論点整理・証拠提出

この過程は月1ぐらいの頻度で行われ、お互いの主張を整理し、論点をしっかりとまとめます。

この際、主張に基づく証拠の提出を行います。

証拠の収集は原則当事者が行います。

※裁判の場合は、、、

  • 送付嘱託
  • 検察庁に刑事記録の送付依頼
  • 病院にカルテ開示を依頼        といった例外もあります。

和解協議

この段階へ進むと、裁判所より和解勧告されます。

この和解案に双方が同意すれば和解調書が作成され、裁判は終わります。

そして和解で決められた金額を支払えば紛争は終わります。

しかし、これでも決まらない場合は次へと進んでしまいます、、、。

尋問

和解が成立しなかった場合、判決の前に尋問があります。

尋問とは、、、、
法廷で当事者や裁判官の質問に答えることをいいます。

交通事故では本人以外に、目撃者、医師等に尋問を行い、因果関係などを明らかにしていきます。

尋問後に再び和解協議が行われることもあるようです。

さらに次へと進みます。

判決

ここまでの行程で和解に至らないと弁論が終わり、1-2ヶ月後に判決期日が決まります。

この日には判決が言い渡されますが、当事者は当日、出廷してもしなくてもいいということになっています。

ここで、判決に不満がある場合は、判決書を受け取ってから2週間以内に控訴状を裁判所へ提出することになります。

この際、2週間以内に控訴状が提出されない場合は判決確定となり、裁判が終わります。

この後、加害者が保険会社を通して賠償金が支払われ、解決となります。

※加害者が任意保険に不加入の場合の注意点

判決が確定し、賠償金が決まっても、加害者が支払ってこない場合があります。
この際は強制執行の手続きより賠償金を回収します。

控訴・上告

控訴提起後、50日以内に控訴理由書を提出します。

 

民事裁判の期間

民事裁判をすることになった場合、どれぐらいの期間かかるか知っておくことはとても大事となります。

事例によって判決まで多少異なりますが、以下に統計データを記載しておきます。参考までに知っておいてください。

民事裁判の期間(第一審)

半年以内 19.7%
半年以上1年未満 41.3%
1年以上2年未満 32.7%
2年以上3年未満 5.3%
5年以上 0.04%

 

https://弁護士交通事故.com/saiban/ 引用

ここまで、裁判の流れを説明してきましたが、参考になったでしょうか。

手続きにはかなりの時間を要するために、なにより事故をしないことが一番よいといえます。

安全運転をしていても巻き込まれることはもちろんあります。その際には自分が損をしない対応をとりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です