これでバッチリ!交通事故の基本過失割合part1

 

交通事故の過失割合ってなに?

交通事故の過失割合とは発生した交通事故の責任の割合のことです。

当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い、過失割合を決定します。

その話合いの基準となるのは、過去の裁判例です。実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していきます。

ここでは一般的な交通事故の例を取り上げ、過失割合について紹介していきます。

Contents

歩行者と四輪車両

歩行者 四輪車両

信号機のある交差点での事故

歩行者が青信号で横断を開始し、四輪車が赤信号で交差点に進入した場合の過失割合です。

横断歩道上に歩行者がいる場合には、車は横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、通行を妨げてはいけないと定められています。(道路交通法38条)

当然、青信号で横断を開始した横断歩道上の歩行者には、原則としてどのような状況であっても過失がありません。

赤信号無視の四輪車に100%の過失があります。
この場合は誰もがわかるケースだと思います。

駐車場での事故

駐車スペース内での歩行者と四輪車の事故

駐車スペース内での歩行者と四輪車の事故

駐車場で歩行者と四輪車両が衝突した事故の場合の過失割合です。

この場合、四輪車両90%、歩行者10%の過失割合になります。

駐車場は、車を停めるのと同時に人が乗り降りをする場所です。

駐車場内では常に人が行き来する可能性があります。

駐車場に出入りする四輪車には、常に安全を確認し、歩行者がいる場合には、直ちに車を止める義務があります。

一方、歩行者にも駐車場内では四輪車が来ることが大いに予想されますので注意する義務があります。

駐車場通路での四輪車両と歩行者の衝突

駐車場通路での四輪車両と歩行者の衝突

この事故の場合も駐車場の事故と同様であり、四輪車両、歩行者どちらも車の出入り、歩行者の出入りが予想されます。

過失割合は四輪車両90%、歩行者10%となります。

四輪車両同士の交通事故

交差点での直進車同士の事故 信号機有

信号機のある交差点で赤信号を無視して直進したBがAと衝突した事故です。

交差点での直進車同士の事故 信号機有

信号機は守るのが義務です。そのため、Aには過失が一切なく、過失割合は
Bが100%となります。

しかし、信号が変わったばかりのケースであるとAにも多少の過失が発生する場合があります。

交差点での直進車同士の事故 信号機なし

同幅員の交差点の交通事故の場合

交差点での直進車同士の事故 信号機なし

信号機のない同幅員の交差点において同程度のスピードで交通事故を起こした場合の過失割合についてです。

結論からいうと  A60% B40%になります。

道路交通法では左側の車を優先することを定めています。
そのため、Aに60%、Bに40%が基本過失割合です。

なお、一方の道路が、優先道路・広路・一時停止標識がある場合
または、T字路交差点である場合は、この割合は適用されません。

一方通行無視の事故

信号機のない交差点において一方通行を無視したA車がB車と衝突した際の過失割合についてです。

一方通行無視の事故

過失割合はA80% B20%となります。

この場合、一方通行を無視したAは当然、過失割合は大きくなります。

しかし、Aも交差点を通過する際には徐行、安全の確認といった行動を取るべきです。

そのためAにも20%ほどの過失が存在します。

一方が明らかに広い道路での事故

信号機のない交差点において一方の道路が明らかに広い場合の交通事故に関する過失割合についてです。

一方が明らかに広い道路での事故

明らかに広いとは?
一方の道路がもう一方の道路に比べ2倍広いことをいいます。

道路交通法では広い道路が優先されますので過失はAのほうが大きくなります。
しかし、Bも安全確認、徐行といった行動をとるべきだるために

A70%B30%となります。

一方に一時停止の帰省がある場合の交通事故

信号機のない交差点において一方通行規制がある道路と規制がない道路での衝突についてです。

一方に一時停止の帰省がある場合の交通事故

一時停止規制がある場合、停止線の直前で一時停止する、また交差点を通行する車両の進行を妨げてはいけません。(道路交通法より)

しかし、一時停止規制がないBも通行する車両に注意する必要があるため

A80%B20%となります。

一方が優先道路である場合

信号機のない交差点において一方が優先道路だった場合

一方が優先道路である場合
優先道路とは?

交通整理が施されていない交差点において、交差する道路を通行する車や路面電車の通行を妨げてはならないとされる道路のことです。

センターラインや車線が交差点の中を通り抜けている道路です。

優先道路を通行している車両の優先度は高く、見通しの悪い交差点でも徐行の義務は科せられていません。

しかし、優先道路であっても安全面への配慮は必ずしも必要であるために過失割合は
A90%B10%となります

交差点で右折車と直進車の交通事故

同じ道路に反対方向から進入した場合 共に青信号の場合

 

信号機のある交差点において、お互い青信号で進入した直進車と対向右折車が衝突した場合の事故です。

同じ道路に反対方向から進入した場合 共に青信号の場合

車両等が交差点で右折する場合には、直進や左折をしようとする車両の進行を妨害してはいけません。

右折車は直進車が通り過ぎるのを待たなければならず、右折車のほうが優先度が低くなります。

このケースでは、直進車から対向車が見えているので、対向車が右折してくる可能性を予測して運転する義務があります。

そのため過失割合はA:20%B80%となります。

同じ道路に反対方向から進入した場合 信号機なし

信号機のない交差点において、直進車と対向右折車が衝突した場合の事故です。

同じ道路に反対方向から進入した場合 信号機なし

このケースは上記のケースと同様にA20%B80%です。

信号機のない交差点に横方向から進入した場合

右折車が優先道路に出る場合

信号機のない交差点において直進車と右折で出てきた車両との衝突による事故につてです。

右折車が優先道路に出る場合

優先道路の優先度は高くなるためにこのケースでは
A90%B10%となります。

一方に一時停止の規制がある交差点での事故

Aが一時停止の規制を無視して交差点へ進入し、その際Bが右折をするために交差点へ進入したときの事故です。

一方に一時停止の規制がある交差点での事故

過失割合は今まで記載してきたように一時停止の規制では停止線前で停止する必要があります。

また、Bについても交差点へ入る際に最善の注意を払う必要があります。

過失割合はA:70%B:30%となります。

道路外出入車と直進者の事故

道路を走行中のAと駐車場や道路外から道路へ進入する際左折したときの衝突についてです。

道路外出入車と直進者の事故

他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外に出入するための右左折はしてはいけません。

一方、直進車にも前方をよく見ていなかったことに対する過失があります。
そのため、A:20%、B:80%となります。

対向車同士の事故

センターオーバー

車両がセンターラインを越えて対向車に衝突した場合の過失割合となります。

センターオーバー

車両は道路の中央から左側を通行しなければなりません。

そのため、Aには過失が発生せず、Bに100%の過失が発生します。

※道路の広さが十分にない、道路工事を行っている場合において道路の中央から右側にはみ出した場合の事故では適応不可

よってA0%B100%となります。

同じ方向に進む車両同士の事故

進路変更車と後続直進車の事故

同一方向に進む際、進路変更をしたBと後続Aとの衝突による過失割合です。

進路変更車と後続直進車の事故

車両はみだりに進路変更をしてはならないとされています。

また、進路変更後の進路を後方から来る車両の速度、方向を急に変更させる恐れがある際には進路変更してはなりません。

一方、AはBが合図などで進路変更をすることが大いに予測できるため多少の過失が発生します。

よってA30%B70%となります。

進路変更車とゼブラゾーンを進行した後続直進車の事故

ゼブラゾーンとは

進路変更車とゼブラゾーンを進行した後続直進車の事故

 

誰もが見たことあると思いますが、このしま模様で書かれた部分を指します。

ゼブラゾーンに沿って右折車線に進路変更したBとゼブラゾーンを走行してきたAとの衝突についての過失割合です。

進路変更車とゼブラゾーンを進行した後続直進車の事故

同一方向走行中と進路変更との衝突は紹介してきた通り、
A30%B70%となります。

※しかし、ゼブラゾーンを走行している場合、過失割合が変更する恐れがあります。

運転者の意識として、ゼブラゾーンは走行するべきでないとされているため、

Aに対し、10~20%の過失が上乗せされる場合があります。

しかし、ゼブラゾーンを走行するのは違反ではありません。

Uターン車と直進車の事故

Uターンする車両と道路を直進する車両との衝突についての過失割合です。

Uターン車と直進車の事故

他の車両の正常な運転を阻害する恐れがある場合、Uターンをしてはなりません。

しかし、Aも合図などでUターンの動きを予測することができるため、多少の過失が発生します。

よってA20%B80%となります。

駐停車車両への追突事故

後方から走行してきたAが道路に駐停車していたBへ追突事故の過失割合です。

駐停車車両への追突事故

この場合、皆さんが思う通りBに過失はありません。
よってA100%B0%となります。

※しかし、駐停車している側にも過失が発生するケースがあります。

上記のルールを違反している場合、多少の過失を問われることも!

駐車場内の事故

駐車場内での隣の駐車車両に接触または衝突

駐車スペースへ入れる際、出る際に隣の車両に接触または衝突した場合の過失割合です。

駐車場内での隣の駐車車両に接触または衝突

この場合動いているAに100%の過失割合が発生します。

駐車場内で駐車スペースから出る際、前方道路での衝突

Bが駐車スペースから出る際に、道路を通行するAと衝突した場合の過失割合です。

駐車場内で駐車スペースから出る際、前方道路での衝突

また、Bが一度駐車スペースへ入り、駐車位置を調整する際に、前進した場合の衝突です。

※A、Bともに前進、バックでも同じとなります。

この際は上記のように状況と捉えるので

他の車の正常な交通を妨げてはならないのでBの過失が大きくなります。

一方、Aは駐車スペースから車両が出てくることは大いに予測できるために多少の過失が発生します。

よってA30%B70%となります。

駐車場内の交差点での出会い頭の事故

駐車場内の交差点において出会い頭での事故の場合の過失割合となります。

 

 

駐車場内の交差点での出会い頭の事故

よってA50%B50%となります。

※しかし、一時停止表示、一方通行、どちらかの道路が明らかに広い場合は多少の修正があります。

駐車場内を進行する車両と駐車使用とする車両の事故

駐停車を直進するAと通路から駐車場スペースへ入ろうとするBの衝突に関する過失割合についてです。

駐車場内を進行する車両と駐車使用とする車両の事故

※前進、バックの場合どちらも同じです。

よってA80%B20%となります。

緊急車両との事故

見通しのきかない交差点での緊急車両と通常車両の交通事故についてです。

緊急車両との事故

見通しのきかない交差点とは?

皆さんご存じの通り、緊急車両は優先しなければなりません。

よってA80%B20%となります。

注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です