未分類

こみゅーみゅーかんず。日本の基本的な道路ルール

日本の車は左側通行で右側にハンドルを持って運転しますが、日本の運転は特に難しくも危険でもありません。実際、日本の道路はよく整備されており、道路標識もいたるところにあります。

日本の道路標識は、ほとんどの国際基準に準拠しており、外国人があまりいない地方を除いて、通常は英語で翻訳されています。

日本の大都市では、幹線道路の中には、行きたい場所によって様々な車線があります。土壇場での車線変更を避けるためにも、できるだけどの方向に行くか計画を立てておいた方が良いでしょう。

運転のルール

日本の道路規則は世界のどことも同じですが、道路標識は外国人観光客にとっては混乱を招くことがあります。

ここでは、日本の基本的な運転ルールをいくつかご紹介します。

曲がることが禁止されている場所には、直進を指示する青い矢印が表示されていることが多いです。

交差点を渡る前に必ず車を止めてください。信号が緑になってからすぐに動き出さないようにしましょう。希望の方向に進む前に赤い矢印が出ている場合もあります。都道府県によっては信号機が縦になっているところもあるので注意しましょう。

止まれ」の標識には「止まれ」と書かれた赤い逆三角形が描かれています。

歩行者には道路を横断する権利があります。

交差点では、直進車と左折車に渡る権利があります。右折する車は待たなければなりません。右折する場合は、交差点の中央に移動して、すべての車が通過するのを待ってから曲がるようにしましょう。

日本の速度制限

制限速度は、都市部では30~50km/h、郊外などの道路では60km/h、ほとんどの高速道路では100km/hとなっています。

日本では速度が細かく監視されており、固定式のレーダーや移動式のレーダー(車の中に設置されている)がいくつか見られます。一般的に日本人はアクセルをあまり踏まない傾向があります。

注意が必要です。

日本人のドライバーは礼儀正しく、危険な運転をすることはありません。しかし、運転している地域によっては意外なことに出くわすかもしれません。予期せぬ事態を想定し、落ち着いて運転するようにしましょう。

中には、土壇場でライトを指しながらどこにでも停車してしまいがちなドライバーもいます。覚悟しておきましょう。特に、「タクシー」や「配送車」は、引き返したり、逆走したりすることが多いです。

また、車線と歩行者の区別が曖昧な場所も多いです。自転車や歩行者は、原動機付車両と道路を共有しているので、十分に注意しなければなりません。

車の後ろに黄色やオレンジ色の葉っぱが見えるステッカーが貼られている場合は、高齢者が運転していることを意味しています。

あおり運転は危険!逮捕にもつながる?刑罰などの徹底紹介

今、あなたは世間で話題となっているあおり運転について知っているでしょうか。

東名高速道路での夫婦死亡事故は世間の皆さんにあおり運転の恐ろしさを認識するきっかけになったと思います。
人の命を奪うことになってしまったあおり運転。

これは皆さんの近くで今にでも起こりうる可能性があります。

ここではあおり運転によって科せられる刑罰を中心に紹介していこうと思います。

あおり運転で科せられる可能性のある刑罰

道路交通法ではあおり運転に対する罰則は設けられていませんが、

あおり運転をした者は以下の罰則を問われる可能性があります。

  • 車間距離保持義務違反
  • 過失運転致死傷罪
  • 過失運転致死罪

※あおり運転をした者が必ずしも逮捕されるわけではなく、上記の罪に問われる可能性があります。また、逮捕も十分にあり得ます。

車間距離保持義務違反

車間距離保持義務違反とは、運転中に前方の車両と適切な距離を保っていなかった場合に該当する違反行為です。

警視庁で発表されるあおり運転の検挙数は車間距離保持義務違反の数値が基になっています。

これはあおり運転をした際に最も適用される可能性が高い違反行為です。

ここで一般道と高速道の違いにも触れておきます。

車間距離保持義務違反の罰則は

一般道:「5万円以下の罰金
高速道:「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

となります。

道路交通法では

第百十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
一の四 第二十六条(車間距離の保持)の規定の違反となるような行為(高速自動車国道等におけるものに限る。)をした者

第百二十条 次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。
…第三項、第二十六条(車間距離の保持)…

引用 https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000105&openerCode=1

どれだけ車間距離をとるかといったものは明確な基準はありませんが、走行速度から-15キロよると良いとされています。

詳しくはこちらの記事を参照ください
https://comuunicanssafe.com/aoriuntentaisaku/

過失運転致死傷罪

過失運転致死傷罪とは、自動車の運転で必要な注意を怠った結果、人を死傷させた場合に成立する犯罪です。

いろいろなケースがありますが、結果事故を起こして相手を死傷させれば過失運転致死傷罪を問われます。

過失運転致死傷罪の罰則は「7年以下の懲役、もしくは10万円以下の罰金」が問われます。

道路交通法では

第五条 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

この際、あおり運転後、車を停止させ、直接的に危害を加えられたなどがあった場合は別途で暴行罪や傷害罪が成立する可能性があります。

この際自分もやり返してしまうと自分も罪に問われるのでご注意ください。

危険運転致死傷罪

危険運転致死傷罪とは、危険な状態で車を運転して死傷事故を起こした場合に成立する違反行為です。

これもいろいろなケースがありますが結果、死傷事故を起こした場合にはこの罰が適用される可能性があります。

危険運転致死傷罪の罰則は、『相手を負傷させた場合は15年以下の懲役刑、相手を死亡させた場合は1年以上20年以下の懲役刑』です。

道路交通法では

第二条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。
四 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

この罪は懲役刑しか定められていません。よって罪に該当する行為があった場合、刑務所での拘束となってしまいます。

交通事故違反では最も重い罪といえるでしょう。

あおり運転による逮捕例

東名高速夫婦死亡事故

パーキングエリアで注意を受けたことに腹を立てた男性が、高速道路上で車線変更を繰り返して走行の邪魔を繰り返して被害者の車を追い越し、車線側に無理やり停止させて恫喝している最中、後ろからトラックが突っ込んで夫婦2人が亡くなった事件です。

車が停止しているときの事故で最初は過失運転致傷罪として扱われましたが、遺族からは危険運転致死傷罪の判決が求められて上訴されている最中です。

この事故は世間であおり運転が注目されるようになり、警察であおり運転の罰則化が進んでいるのもこの事故が大きく影響しています

高速道路の追い越し車線という危険地帯にもかかわらず、無理やり車を停止させて事故を引き起こしたあおり行為は極めて悪質です。

まとめ

あおり運転は状況によっては罪が変わってきますが、重い重い罪です。
自分が安全運転をしていても、巻き込まれ、最悪の場合、命を落とす結果となる可能性があります。

十分に気を付けて運転しましょう

こみゅーみゅーかんず。路上暴れの危険性

誰もが運転中にイライラすることがありますが、攻撃的な運転は道路上のすべての人を危険にさらすことになります。運転中は自分の感情を抑え、他のドライバーを尊重することが大切です。

積極的な運転は、世界中で飲酒運転の4倍もの死者を出していることをご存知ですか?実際、交通事故による死亡者の66%が攻撃的な運転に起因しています。

積極的な運転の見分け方と予防法については、以下の「公民館津」で詳しくご紹介しています。

積極的な運転の兆候

攻撃的な運転 “は、多くの形を取ることができますが、いくつかは他のものよりも明らかではありません。例えば、あなたはターンシグナルを使用していないことが積極的な運転とみなされる可能性があることを知っていましたか?

積極的なドライバーのより多くの行動。

  • 制限速度」を超えた運転
  • テールゲーティング
  • 他のドライバーを切り捨てる
  • 赤信号を打つためにスピードアップ
  • トラフィックの「内と外」を織りなす
  • ヘッドライトの点滅
  • 他のドライバーに対して失礼なジェスチャーや卑猥なジェスチャーをすること
  • 他のドライバーに怒鳴る
  • 頻繁に、または繰り返しホーニング
  • 合流や車線変更の前に他のドライバーへの確認を怠ること

路上暴れで課せられる罰則

道路を走行した者は、以下の罰則の対象となる場合があります。

車間距離維持義務違反

これは、運転中に前方の車両との適切な車間距離を守っていない場合に適用される違反です。

一般道:『5万円以下の罰金

高速道路「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

道路交通法第119条によると、これに該当する者は3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処するとされています。

どのくらいの距離を走ればいいのか、明確な基準はありませんが、走行速度から15kmを目安にするといいでしょう。

過失致死罪

過失致死罪とは、自動車の運転を怠った結果、人を死傷させた場合に成立する犯罪です。

道路交通法第5条によると、自動車を運転する際に必要な注意を怠り、人を負傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられるとされています。ただし、傷害が軽度の場合は、状況によっては刑が免除されることもあります。

危険運転致死傷罪

自動車殺人とは、危険な状態で自動車を運転して死亡事故を起こした場合に発生する違反行為です。

道路交通法第2条によると、傷害を負わせた者は15年以下の懲役に、人を殺した者は1年以下の有期懲役に処するか、いずれかの刑に処するとされています。

あおり運転の対策方法!これであなたも快適な運転へ!

今、あなたは世間で話題となっているあおり運転について知っているでしょうか。

東名高速道路での夫婦死亡事故は世間の皆さんにあおり運転の恐ろしさを認識するきっかけになったと思います。

人の命を奪うことになってしまったあおり運転。
これは皆さんの近くで今にでも起こりうる可能性があります。

そこでこの記事ではあなたにあおり運転の対処方法について紹介しようと思います。

あおり運転とは?

煽り運転(あおりうんてん)とは、道路上の他の自動車やバイク、自転車などの他の車両を煽り、交通の危険を発生させる行為です。

〇例えば
前方の車に進路を譲るように強要

車間距離を詰めたり幅寄せ

追い回したり無理に割り込んだり

高速道路などで「煽り運転(あおりうんてん)」の被害を受けると非常に危険です。

現在では、調査によると2人に1人があおり運転の被害経験があるという結果が出ています。

あおり運転の内容としては、

「車体を接近させて追跡された」が最も多く、次いで「パッシングされた」、

左車線からの急な追い越しをされた」、「必要のないハイビームをされた」、

幅寄せされた」などが続き、その他として「車を蹴られた」、「殴られた」などが挙げられました。

あおり運転が起きたきっかけとしてよく言われている行動が、「車線変更をした後」、「速度が遅かった」、「追い越した」です。

しかし、これらは思い当たる人だけの話であり、実際は「思い当たることはない」という人が大半です。

この調査の対象者がとっている対策は、「なるべく車間距離をとる」、「無理な踏み込みはしない」が挙げられ、男性よりも女性の方が安全意識が高い結果が得られています。

詳しい対策方法については3にて紹介します。

ここで、以下にあおり運転としての行為を紹介します。

車間距離を詰める

後方から極端につめて車両を威嚇する行為はあおり運転として最も代表的なものではないでしょうか。

一般的に後方車両が取るべき車間距離は、走行速度から15引いた距離が安全とされています。

よってこの距離より接近した走行を繰り返された場合、あおられている可能性があります。

走行距離適切な車間距離
40キロ25メートル
50キロ35メートル
60キロ45メートル
70キロ55メートル
80キロ65メートル

ここで注意すべきことは、あおり運転の仕返しに急ブレーキ等を行うと、自分も罪に問われますのでご注意ください。

幅寄せ

幅寄せとは、隣の車線で走行している車がわざと自分の車両側に寄ってきてこちらの運転を妨害する危険行為です。

走行中だけでなく追い抜きをする際にわざと距離をつめてくる嫌がらせもあり、

自転車で車道を走っている人が幅寄せのあおり行為を受ける場合もあります。

これもとても危険な行為であり、事故が多発しております。

蛇行運転

蛇行運転とは、右や左へくねくねしながら走行する危険行為です。

後方から威圧をしたり前方から進行を邪魔したりする目的で行われます。

この行為の難しい点は、飲酒運転者や高齢者があおる意図なく行ってしまい事故に発展する場合がある点です。

クラクションでの威嚇

正当な理由なくクラクションを鳴らし続け、特定の車両を威嚇する行為です。

特に後方から自分の走行速度よりも遅い車両に対して行われるケースが多いです。

なお、クラクションを鳴らしてもよい状況は道路交通法で明確に定められています。

そのため、以外の場面で使用するのは違反です。

当然、あおり目的で鳴らす行為も違反行為に該当する可能性が高いので気をつけましょう。

パッシング(不必要なハイビーム)

後方からわざとハイビーム走行をして前方車両の運転手の視界を妨げるあおり行為です。

通常だと前方に車両がいる場合には夜間でもロービームに切り替える必要がありますが、あおり運転では意図的にハイビームでの妨害が行われます。

この場合は気を付けるべきことは、単純に不注意でハイビームを切り忘れているというケースです。

ずっと後ろにいた車両が急にハイビームに切りかえてくるといった状況ならあおりが目的であるかもしれません。

あおり運転による事故例

事例1 衝突事故

車間距離を十分にとっておらず、前方の車をあおり、前車が急ブレーキをかけた際の事故が大変多いです…。

前方の車が意図的に急ブレーキをかけての衝突事故は、前方車にも責任があります。

しかし、意図的ではなく急ブレーキをかけなければならなかった場合での衝突事故は、どちらの車も動いていたとしても十分な車間距離を取っていなかった後方の車が100%責任を負うことになります。

事例2 玉突き事故

この事故は信号のない高速道路などで多発しがちな事故です。

信号待ちをしていた際に後ろから追突され、その反動で前車にぶつかる事故です。

この場合も執拗な煽り運転が原因なことが多いです。

※高速道路は、一般道路に比べて規制速度が速いため十分な車間距離が必要になります。
特に冬場の路面が凍結しやすい時期は、スリップ事故の可能性が非常に高いため、さらに車間距離が重要になってきます。

実際に、高速道路でスピードの出ている状態で前方の車を煽っている際に急ブレーキをかけられた場合、

後方の車のブレーキが間に合わず衝突し、さらにその後方を走行していた車が衝突する玉突き事故に発展するケースが多いです。

この際、関係のない第三者までを巻き込んでしまったり、死亡事故や重傷者まで出してしまう最悪な事態になってしまう事故も実際に起きています。

事例3 死亡事故

現状、車で煽ってくる人は事故を起こそうという意思はほとんどなく、ただ単に前方の車を煽って楽しんでいたり、自分の運転技術に酔っていたり同乗している友人とふざけてやっていたりというケースが多いです。

このような気持ちを持ちながらの危険運転は、前方の車が減速していたりブレーキをかけたことに気がつかず、そのまま衝突し、死亡事故につながってしまう可能性があります。

ブレーキの痕跡のない事故現場や、前方の車を運転していた人も後方の車の運転手、同乗者も死亡してしまう最悪な事態になってしまう事故も少なくはありません。

事例4 怪我を負う

危険な運転を続け、最終的に事故に至るケースが多いですが、もっと深刻な怪我を負うケースは非常に多いです。

その事故により、一生の障害、後遺症、怪我を負うケースは多く、大変注意が必要です。

また、事故により精神的にダメージを受け、運転が怖くなる場合も多く、今まで通りの生活ができない人もいます。

事例5 第三者を巻き込んでしまう

煽り運転で1番迷惑なのが全く関係のない第三者を巻き込んでしまうことです。

これは自分も巻き込まれるケースが多いために、気を付けたい事項です。

具体例

  1. 道幅の狭い1車線のとき、前方の車を蛇行運転で煽り、ハンドルを切りすぎて歩道を歩いていた人を巻き込んでしまう事故
  2. 2車線あるにもかかわらず、執拗に前方の車を煽り続けた結果、いざ追い抜こうとした時に後方確認を怠り、後方から来た車との衝突事故で第三者の車が横転、または壁に追突してしまう事故。
  3. 煽られたことで感情的になってしまい、前方を走行していた車が意図的に急ブレーキを踏んだことで、煽っていた車から後方の玉突き事故や、赤信号なのにもかかわらず相手の車と張り合うために交差点に進入しての大事故。

あおり運転の対策方法

警察への通報(証拠を残す)

あおり運転の対策としてドライブレコーダーを用意することをおすすめします。

録画により、証拠があれば警察へ通報でき、相手側を罰することができます。

あおり運転は現行犯でない限り、注意で終わってしまうことがありますが、録画が残っていることで、なにかしらの罪に問うことができる可能性があります。

時間が空いてしまった場合は早めに証拠とともに通報しましょう。

警察へ通報する際には以下の情報があるとなおよいです。

  1. 名前、居場所、状況
  2. どんな被害か
  3. 相手の車種、ナンバー
  4. 進行方向

※運転中に通報すると、自分が罪に問われる可能性があるので注意が必要です。

あおられても気にしない

この方法が一番の策といえるでしょう。

あおり運転された場合は、無視または安全な場所へ一時停止しましょう。

しかし、あおり運転をする人は気性が荒い人が多いので、暴力沙汰になるケースも見られます。万が一、相手側が寄ってきた場合は対応せず、すぐに警察へ連絡しましょう。

急ブレーキは厳禁

あおられた仕返しに急ブレーキをかけてやったというケースは非常に多いです。これは絶対やってはいけないことです。

これは自分も罪に問われるのでやらないようにしましょう。

あおり運転の罰則

冒頭でもあった2017年に起きたあおり運転による死亡事故をきっかけに、警察庁はあおり運転の罰則強化をしました。

ここでは、あおり運転が検挙された場合の罰則、請求できる慰謝料などについて紹介します。

30-180日間の一発免停

あおり運転で事故が起きていなくても、運転者に「暴力」、「脅迫」などの悪質な行動が見られる場合、30-180日間の免停が科せられる場合があります。

車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対し、交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう、全国の警察に指示した。

引用 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24737730W7A211C1CZ8000/

通常では、違反点数の累計が6点を超えた際に免停処分となりますが、悪質なあおり運転で検挙された場合は、累計点数に関係なく一発免停となります。

なお、あおり運転をして他者を傷つけてしまった場合(人身事故)には、6点以上の違反点数が加算される可能性が高いです。その場合は、運転者が免停を免れるのは難しいでしょう。

刑事罰(懲役刑・罰金刑)

あおり運転をしたものは状況に応じた罰を受けます。

あおり運転はほとんど「車間距離保持義務違反」として扱われますが、事故や死傷者が生じた場合、「過失運転致死傷罪」、「危険運転致死傷罪」が立件されます。

ここではあおり運転で該当する可能性が高い罪について紹介します。

あおり運転で該当する可能性が高い罪具体的な内容
車間距離保持義務違反一般道路:5万円以下の罰金
高速道路:3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
過失運転致死傷罪7年以下の懲役、または100万円以下の罰金、または、勾留もしくは科料
危険運転致死傷罪相手を負傷させた場合、15年以下の懲役刑、相手を死亡させた場合は1年以上20年以下の懲役刑

あおり運転で負傷した場合の慰謝料請求

あおり運転が原因で負傷した場合には、加害者に対して慰謝料の請求が認められる可能性があります。

もし事故で負傷をしたのであれば、必ず病院で診断書を取得して警察署に人身事故として申請をしましょう。

慰謝料の金額は被害状況や請求方法などによって変わります。以下は弁護士に請求を依頼した場合の相場ですが、あくまで目安として参考にしてください。

通院期間慰謝料の相場
1ヶ月28(19)万円
2ヶ月52(36)万円
3ヶ月73(53)万円
4ヶ月90(67)万円
5ヶ月105(79)万円
6ヶ月116(89)万円

※()内はむちうちなどの他自覚症状がない慰謝料です。

まとめ

あおり運転は重大事故を引き起こしかねない、非常に危険な交通違反です。

万が一、あおり運転に巻き込まれてしまった場合には、決して相手にせず、距離をとってやり過ごしてください。

また、執着された場合には、すぐに警察に通報されることをおすすめします。

こみゅーみゅーかんず。ロードレイジとの付き合い方

攻撃的な運転は常に交通安全上の問題となっており、その傾向はますます悪化しているようだ。道路上でのドライバー間の叫び声、無礼なジェスチャー、暴力などの事件が頻繁に報告されているため、「ロードレイジ」と呼ばれるようになっています。

何が「路上での怒り」を引き起こすのか、あなたがその傾向があるかどうか、そしてあなたと他のすべての人のために道路を安全に保つためにどのように助けることができるかを学んでください。この自動車運転者の行動は、多くの人々の命を奪っているし、これはあなたにも起こる可能性がありますので、情報を知っておいてください。Komyunikanzuはあなたが道路の怒りに対処するのに役立ちます。その前に、ロードレイジとは何かを知っておきましょう。

ロードレイジとは何ですか?

ロードレイジとは、間欠性爆発性障害とも呼ばれ、車道での事故や事件によるストレスから生じる道路上での暴力的な事件を指す言葉です。攻撃的な運転の自然な延長線上にあることが多い。

最も単純な形では、運転手が他の運転手に怒りっぽく反応したときに発生し、例えば、他の運転手を切り捨てたり、尾行したり、身振りや拳を振ったりする。最悪の場合、ドライバーはより攻撃的になり、他のドライバーを殺そうとしたり、怪我をさせたりすることもあります。

ロードレイジはどのようにして始まったのか

ロードレイジ」という言葉は比較的新しいものだが、この現象はすでに何十年も前のものだ。 何年もの間、法執行機関はこの問題に対処してきた。メディアの報道により、これらの事件は今日ではよく知られるようになった。

運転は、工業化された社会の大多数の人々にとって最も危険な活動です。実際、運転事故は1900年代に何百万人もの人を殺しました。

より良い道路、より安全な車両、より高度な医療技術、アップグレードされた法執行、安全運転者に対する経済的なインセンティブのおかげで、死亡者と重大事故は長年にわたって減少してきた。これらの要因にもかかわらず、長期的な視点で見ると、交通事故死は比較的一定している。

交通暴走につながる行動

車間距離を縮める

車を後ろから追いかけて威嚇する行為は、「ロードレイジ」の最も典型的な例であろう。一般的に車間距離は、走行速度から15を引いた距離が安全とされています。

そのため、これよりも近い距離を走行すると、前のドライバーが煽られる可能性があります。

マイレージ 適正距離

40キロ25メートル

50キロ 35メートル

60キロ 45メートル

70キロ55メートル

80キロ 65メートル

幅調整

幅寄せとは、隣の車線の車が意図的に自車に接近し、運転の邪魔をする危険な行為です。

このようなドライバーは、走行中だけでなく、追い越しの際にも車間距離を詰めてしまいます。これが最も恐ろしい事故につながります。安全のためにも、このようなドライバーを避けるようにしましょう。

蛇行運転

蛇行とは、ドライバーが車を右往左往する危険な行為です。これは、後続車を威嚇したり、追い越しを妨害するために行われます。

クラクション

正当な理由なく連続して鳴らすことは、道路上での威嚇行為である。特に前方の遅い車を煽るために後方から行われることが多い。

追い越し(不必要なハイビーム

意図的に後ろからハイビームを走らせて、前の車の視界を遮るような傾いた行為です。通常、前方に車両がいる場合は夜間でもロービームに切り替える必要があります。ロードレイジでは、意図的にハイビーム干渉が行われます。

ずっと後ろにいた車両が急にハイビームに切り替わった場合、その目的が傾いている可能性があります。

折り返し専用車線でのホールドアップ

多くのドライバーがこのミスをしているので、前方の道路に描かれている標識に注意を払うことが大切です。あなたが曲がっていない場合は、他の人の足を引っ張って曲がるだけの車線にいるべきではありません。それは、いくつかの場所で死ぬほどビープ音を取得するための本当に良い方法です。

運転中の携帯電話の使い方

誰もが運転の技術を習得したと思っていますが、自分の運転に影響を与える道路上の他のドライバーの予測不可能性も考慮しなければなりません。全米安全協議会の報告によると、すべての衝突事故の25%以上が最近では携帯電話の使用に関連しています。注意を払っていなければ、場所によっては致命的な怪我から終身刑まで、悲惨な結果になることもあります。

交通機関の遅延

交通量が多い、信号待ち、駐車スペースを探して座っている、あるいは乗客を待っているだけでも、ドライバーの怒りのレベルを高めることがあります。

遅刻

会議や約束の時間に遅れて走ると、ドライバーがせっかちになってしまうことがあります。

匿名性

ドライバーが「もう二度と他のドライバーと会うことはないだろう」と感じている場合は、尾行、人を切り落とす、過度なクラクションを鳴らす、無礼なジェスチャーをするなどの危険な運転行為をしていると安心しているかもしれません。

他人や法律を無視する

ドライバーの中には、自分にはルールが適用されないと思っている人もいるでしょう。

習慣的または学習された行動

ドライバーによっては、攻撃的な運転が当たり前になっている場合もあります。

路上での暴走が原因で起こる事故

事例1 衝突事故

前方の車両が故意に急ブレーキをかけて衝突した場合、責任を問われることになります。ただし、意図せず急ブレーキをかけた場合は、適切な車間距離を取らなかった後続車が100%の責任を負うことになります。

ケース2 ビリヤード事故

信号機のない高速道路で多発する傾向があり、容赦ない運転が原因の事故です。高速道路は一般道路に比べて規制速度が速いため、十分な車間距離が必要です。

路面が凍結して滑りやすくなる冬場は事故が多発します。ここでは、車間距離がさらに重要になります。

ケース3死亡事故

危険運転は、衝突による死亡事故につながる可能性があります。このようなドライバーが運転中にスピードを落とす気配を見せず、多くの死傷者を出しているケースも少なくありません。安全運転を心がけてください。

事例4 負傷者

事故によって当事者に生涯の後遺障害や致命的なケガを負わせてしまうケースも少なくありません。運転中は常に周囲に気を配ることが大切です。また、事故によって精神的なダメージを受けたり、トラウマになったりすることも少なくありません。

ケース5 第三者を巻き込んだ場合

無謀運転は、追い越し車や歩行者など、事故とは無関係の第三者を巻き込む可能性もあります。あなたの周りの人とあなたが影響を与える可能性のある人は、運転中に常に心に留めておくべきものです。

ロードレイジの対策

警察に通報する(証拠をつかむ

ロードレイジの対策として、レコーダーを用意しておくことをおすすめします。レコーダーは、あなたの事件に役立つ証拠となり、当局が加害者を処罰するための手続きを容易にすることができます。

警察に通報する際の適切な情報提供について

名前、居場所、状況

どのようなダメージ

相手の車種、ナンバー

進行方向

役所に通報する際は、必ず車を停めてから通報するようにしましょう。運転中に通報をしてしまうと、罪に問われる可能性があります。

冷静さを保つ

この方法が一番の解決策ではないでしょうか。車道を走っている場合は、激怒している運転手を無視するか、安全な場所で一時停止して相手を追い越しましょう。相手が近づいてきたら、反応せずにすぐに警察に連絡しましょう。

急ブレーキは厳禁

急にブレーキを踏んでしまったドライバーは、道路で事故を起こす可能性があります。これは絶対にやってはいけないことです。

路上暴れの罰則

30日~180日のワンショット停止

路上で事故がなくても、「暴力」や「脅迫」などの悪質な行為を見せた場合は、30日~180日の運転停止処分が科せられることがあります。

刑事罰(懲役・罰金

ここでは、ロードレイジに該当しやすい犯罪を紹介します。

車間距離維持義務違反

一般道路。5万円以下の罰金

高速道路:3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

過失殺人

7年以下の懲役、100万円以下の罰金、拘留または罰金。

人身事故を起こした危険運転

相手に傷害を負わせた場合は15年以下の懲役、相手が死亡した場合は1年以上20年以下の懲役。

路上暴走による怪我の賠償請求

交通事故でケガをした場合、加害者に賠償請求が認められる場合があります。

事故でケガをした場合は、必ず病院で診断書をもらい、人身事故として警察署に届け出るようにしましょう。

賠償額は、被害状況や請求方法によって異なります。以下は弁護士に依頼する場合の相場ですが、あくまでも目安として参考にしてください。

病院の様子   

1ヶ月 28 (19) 10,000円

2ヶ月 520,000円

3ヶ月 73 (53) 10,000円

4ヶ月 900(670)百万円

5ヶ月 105 (79) 10,000円

6ヶ月 116 (89) 10,000円

これでバッチリ!交通事故の基本過失割合part2

交通事故の過失割合ってなに?

交通事故の過失割合とは発生した交通事故の責任の割合のことです。

当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い、過失割合を決定します。

その話合いの基準となるのは、過去の裁判例です。実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していきます。

ここでは一般的な交通事故の例を取り上げ、過失割合について紹介していきます。

四輪車と二輪車の事故

交差点での直進車同士の事故の過失割合 信号あり

赤信号で交差点に進入した直進四輪車と青信号で進入した直進二輪車の事故

信号のある交差点において赤信号で交差点に進入した直進四輪車と青信号で進入した直進二輪車の事故です。

二輪車も、四輪車も信号機は守らなければいけません。

よってBに100%の過失があります。

※信号の変わり目の場合はAにも過失が発生することがあります。

赤信号で交差点に進入した直進二輪車と青信号で進入した直進四輪車の事故

信号のある交差点において赤信号で進入した直進二輪車と青信号で進入した直進四輪車が衝突した場合の事故です。

このケースは四輪車側にも過失がありそうですが、信号は守らなければならない!
よってAに100%の過失があります。

※信号の変わり目の場合はBにも過失が発生することがあります。

交差点での直進車同士の事故の過失割合 信号なし

同程度の道幅の交差点での事故(二輪車左 四輪車右)

信号機のない交差点での直進四輪車と直進二輪車の事故です。

両車ともに同程度の速度で走行し、二輪車が左方の場合です。

信号機のない交差点では左側から来る車両が優先となります。

さらに、四輪車に比べ、二輪車の方が交通弱者であるから
A:30% B70%となります

※二輪車側に怪我が無い場合には四輪車同士の基礎過失割合となります。

同程度の道幅の交差点での事故(二輪車右 四輪車左)

信号機のない交差点での直進四輪車と直進二輪車の事故です。

両車ともに同程度の事故で走行し、四輪車が左側にいる場合です。

信号機のない交差点では左側から来る車両の進行は妨げたらいけません。

よってBの方が優先度が高くなります。しかし、四輪車より二輪車の方が交通弱者となります。

よってA50%B50%となります。

二輪車側に怪我が無い場合には四輪車同士の基礎過失割合となります。

四輪車に一時停止の規制がある場合の事故

信号機のない交差点で直進四輪車と直進二輪車の事故です。

※四輪車側に一時停止の規制がある場合です。

一時停止の規制がある場合、車両は停止線の直前で一時停止しなければなりません。

一方、二輪車側も注意義務があります。

よってA:15% B:85%となります。

二輪車に一時停止の規制がある場合

信号機のない交差点においてでの四輪車直進車と二輪直進車の事故です。

※二輪車側に一時停止の規制がある場合です。

二輪車側に一時停止の規制があるので、二輪車側に大きな過失があります。

一方、四輪車側も注意義務があり、二輪車の方が交通弱者となることから四輪車に過失が加算されます。

A65%B35%となります。

交差点での右折車と直進者の事故

同一道路を対向方向から直進した場合

信号機のある交差点に、直進二輪車・右折四輪車ともに青信号で進入した場合

信号機のある交差点において直進二輪車と右折四輪車の事故です。
※両車、青信号で進入した場合です。

右折車は直進車、左折車を邪魔してはなりません。
よってBに大きな過失があります。

二輪車は安全な速度、注意義務があるため
A:15%B:85%となります。

交差点での左折車と直進車の事故

信号機のない交差点での左折する二輪車と後方から直進する四輪車の事故(巻き込み)

信号機のない交差点において、左折するBが交差点の手前30m付近で合図を出したところ

後方から直進してきたAに気づかず、巻き込まれた場合の事故です。

過失割合はA:20% B:80%となります。

四輪車Bは早めに合図を出し、左側に沿ってゆっくりと左折する必要があります。
このケースではBが十分な車間距離を取っておらず、

後方確認不足となります。

※しかし、二輪車に速度違反、前方不注意がある場合10%過失が発生します。

その他の四輪車と二輪車の事故

四輪車と二輪車のドア開放事故

道路に駐停車している四輪車Bのドアが開き、二輪車Aと接触した場合です。

安全確認なしにドアを開けたりしてはなりません。
そのため、Bに大きな過失が発生します。

一方、Aは注意義務があるために多少の過失を負います。

よってA10%B90%となります。

※衝突直前にドアが開いた場合はBに100%の過失が問われる場合があります。

二輪車の駐停車車両への追突事故

道路に駐停車している四輪車Bに二輪車Aが追突した事故です。

このケースは基本的にA100%B0%となります。

※ただし、四輪車Bが駐停車禁止場所、道路にはみ出ているなど、道路交通法に違反している場合は多少の過失を負います。

四輪車と自転車の事故

交差点での直進車同士の事故 信号機あり

交差点に青信号で進入した自転車と赤信号で進入した四輪車の事故

信号機のある交差点において、青信号で進入した自転車Aと赤信号で進入した四輪車B都の事故です。

信号機は必ず、従う!!

よって青信号で進入したAには過失はなく、

B100%となります。

交差点に青信号で進入した四輪車と赤信号で進入した自転車の事故

信号機のある交差点において、青信号で進入した四輪車Bと赤信号で進入した自転車Aの事故です。
信号機は必ず従う!!

しかし、四輪車はいつ自転車や歩行者が飛び出してくるかわかりません。
よって注意義務が科せられます。

過失割合はA80%B20%となります。

交差点での直進車同士の事故 信号機なし

同程度の道幅の交差点での事故

信号機のない交差点において直進自転車と直進四輪車の事故です。

※同程度の道幅の場合です。

四輪車と自転車では明らかに自転車が交通弱者です。

よってA20%B80%となります

広い道路からの自転車、狭い道路からの四輪車の事故

信号機のない交差点において明らかに広い道路から進入した自転車Aと

狭い道路から進入した四輪車Bとの事故です。

A10%B90%となります。

同程度の道幅の場合はA20%B80%ですが、

本事故は自転車が広い道路を走行しているため、優先度が高くなります。

※自転車は注意義務があるために10%ほど過失があります。

広い道路から四輪車、狭い道路から自転車の事故

信号機のない交差点で、明らかに広い道路から進入した四輪車Aと狭い道路から進入した自転車Bとの事故です。

A30%B70%となります。

広い道路を走る四輪車Aが優先度は高いですが、交通弱者のため、このような過失です。

※同程度の道幅より自転車は過失が大きくなります。

四輪車側に一時停止がある場合

信号機のない交差点で直進した四輪車と自転車の事故です。

※四輪車側にのみ一時停止の規制があります。

A10%B90%となります。

同程度の道幅の場合、自転車20%、四輪車80%ですが、

一時停止の規制があるために、四輪車の過失は大きくなります。

自転車側に一時停止の規制がある場合

信号機のない交差点で直進した四輪車Aと自転車Bの事故です。

※自転車側のみ一時停止の規制があります。

A40%B60%となります。

基本的には自転車20%、四輪車80%ですが、

本事故では一時停止の規制があるために自転車の過失は大きくなります。

自転車が優先道路を走行している場合

信号機のない交差点で自転車と四輪車の事故です。

※自転車が優先道路を走行している場合です。

優先道路とは?

センターラインが交差点の中を通り抜けている道路を指します。

A10%B90%となります。

同程度の道幅の場合、自転車20%、四輪車80%の過失割合ですが、

本事故は自転車は優先道路を走行しているために、四輪車の過失は大きくなります。

四輪車が優先道路を走行している場合

信号機のない交差点で直進した四輪車と自転車の事故です。

※四輪車が優先道路を走行している場合です。

A50%B50%となります。

同程度の道幅の場合、自転車20%、四輪車80%の過失割合ですが、

本事故は四輪車は優先道路を走行しているために、自転車の過失は大きくなります。

四輪車が一方通行を逆走している場合

信号機のない交差点で四輪車が一方通行を逆走した場合の事故です。

同程度の道幅の場合、自転車20%、四輪車80%の過失割合ですが、

本事故は四輪車は一方通行を逆走しているために、四輪車の過失は大きくなります。

よってA10%B90%となります。

自転車が一方通行を逆走している場合


信号機のない交差点で自転車が一方通行を逆走している場合の事故です。

同程度の道幅の場合、自転車20%、四輪車80%の過失割合ですが、

本事故は自転車が一方通行を逆走しているために、自転車の過失は大きくなります。

よってA50%B50%となります。

同程度の道幅の交差点における「ながらスマホ」の自転車と四輪車の事故

信号機のない交差点、同程度の道幅において、自転車のながらスマホによる四輪車とこ事故です。

最近の若い世代で多い事故です、、、

信号機のない同程度の道幅の交通事故の場合、

自転車20%、四輪車80%の過失割合ですが、今回のケースは自転車のスマホを操作しながらという場合です。

そのため、自転車に過失が上乗せされ、A30%B70%となります。

※ながらスマホは公安委員会規制、道路交通法などに違反する可能性があり、5万円以下の罰金が発生します。

自転車の進路変更に伴う事故

前方を走る自転車が障害物を避けるために進路変更した際の事故

あらかじめ前方にいた自転車Aが前方にある障害物を避けるために進路変更したら

後方から直進してきた四輪車Bと接触した事故です。

前方に障害物があるとき、前方の同一進路を走る自転車Aが障害物を避けるために進路変更を行い、後続の直進してきた四輪車Bと接触した場合の基本過失割合はA:10%、B:90%です。

前方に障害物がある場合、前方を走る自転車が進路変更する可能性を後続車のドライバーでもある程度想定できることから、後続車のドライバーはより注意が必要となります。

進路変更する際は、自転車も後続車に適切に進路変更の合図をする必要があります。

歩行者と自転車の事故

信号機のある横断歩道上の事故 歩行者と直進自転者の事故

横断歩道中の信号変更がない事故

歩行者Aが青信号で横断を開始し、自転車が赤信号で交差点に進入した際の事故です。

青信号で横断してる歩行者は絶対保護されます。

よってBに100%の過失が発生します。

横断歩道中の信号変更がある場合


青信号で横断を開始した歩行者が、途中で青点滅となり、さらに赤に変わった時に

赤信号で自転車が進入した際の事故です。

赤信号で停止線を越え、進入した自転車の過失は大きいものになります。

よって歩行者保護の観点からBに100%の過失となります。

※しかし、歩行者は青点滅の際に歩行をやめる、引き返す必要があります。よって必ずしも過失がないとはいえません。

歩行者と右左折自転車の事故

歩行者が青信号で横断を開始した事故

青信号で横断を開始した歩行者が、同じく青信号で交差点に進入した右左折自転車に衝突した事故です。

自転車は横断歩道を横断する歩行者がいないことを確認する必要があります。

よって原則B100%となります。

歩行者が赤信号で横断した事故

赤信号で横断を開始した歩行者が青信号で交差点に進入してきた右左折自転車と衝突した事故です。

このケースは赤信号を無視した歩行者に当然責任があります。

※しかし、自転車側も歩行者がいる可能性を考慮し、安全運転する必要があります。

よってA60%B40%となります。

信号機のない横断歩道上の事故

信号機のない横断歩道で歩行者と自転車の事故です。

横断歩道を横断中の歩行者は絶対に保護されなければなりません。

よって自転車Bに100%の過失があります。

車道における事故

車道通行が許されている場合の事故

歩道が工事中などにより、歩行者が車道を通行することが許されている場合の事故です。

歩行者は、歩道と車道の区別のある道路については、基本的に歩道を通行しなければなりません。

そのため、車道を通行して自転車に衝突された歩行者には原則として過失があります。

また、車道通行が許されている場合であっても、歩行者としては、前方または後方から走行してくる自転車に注意して安全確認すべきです。

道路工事などの理由で歩道を通行することができないときはこの限りではなく、その点を加味した過失割合として、原則、歩行者と自転車それぞれ10%:90%となります。

車道通行が許されていない場合の事故

歩行者が車道通行を許されていない車道を通行するときに走行してきた自転車との事故です。

歩行者は、歩道と車道の区別がある道路においては、やむを得ない場合を除き、歩道を通行しなければなりません。

そのため車道通行が許されている場合の事故に比べてさらに注意義務が加重されると考えます。

過失割合は歩行者と自転車それぞれ、25%:75%となります。

高速道路上の事故

合流地点での事故

四輪車同士の事故

高速道路において加速車線から本線車道に合流する際の事故です。

加速車線から本線車道に入るときは本線車道が優先です。

しかし、本線車は合流車が確認できると思うので過失割合は

A30% B70%となります。

四輪車が加速車線、二輪車が本線車道を走行中の事故

高速道路において加速車線から本線車道に合流する際の事故です。

上記と同様に加速車線から本線車道に入るときは本線車道が優先です。

しかし、二輪車は四輪車に比べ、交通弱者であるために四輪車の過失は大きくなります。

よってA20% B80%となります。

二輪車が加速車線、四輪車が本線車道を走行中の事故

高速道路において加速車線から本線車道に合流する際の事故です。

上記と同様に加速車線から本線車道に入るときは本線車道が優先です。

しかし、二輪車は交通弱者であるために、二輪車の過失は小さくなります。

よってA40% B60%となります。

進路変更に伴う事故

走行車線から追越車線へ進路変更する場合の事故 (四輪同士)

高速道路において、走行車線から追越車線へ進路変更する際の事故です。

高速道路では一般道と比べ、追越車線は走行車線より高速で走行します。

よって進路変更車に10%ほど過失が加わり、

A20% B80%となります。

※一般道ではA30% B70%となります。

走行車線から追越車線へ進路変更する場合の事故 (四輪車が走行車線、二輪車が追越車線)

高速道路において、走行車線から追越車線へ進路変更する際の事故です。

高速道路では一般道と比べ、追越車線は走行車線より高速で走行します。

よってA10% B90%となります。

高速道路の急ブレーキによる事故

前車の急ブレーキによる後続直進者の追突事故

高速道路上を走行中の四輪車Aが前を走る四輪車Bの急ブレーキによって発生した事故です。

理由のない急ブレーキをかけて後続車と事故を起こした場合は

A50% B50%となります。

※BがAに対し、嫌がらせ、故意なので行った場合は過失が大きくなります。

本サイトは基本過失割合となります。

あくまでも基本ですので実際、多少ずれる可能性があります

交通事故?!何をすればいいのかわからない?

交通事故の初心者

現在、日本では交通事故で亡くなってしまう方は決して少なくありません。

また、自分が被害者ではなく、加害者になってしまう可能性は大いにあり、決して他人事ではありません。

そのため、万が一、交通事故を起こしてしまった際の行動、対応が大事になります。したがって、この記事ではその際の対応について紹介していこうと思います!

ぜひこの記事をしっかり読んで迅速かつ、正確な行動を取っていきましょう。

交渉事故の流れ

怪我人、負傷者の救助二次事故に注意

交通事故を起こしてしまった場合、事故による怪我人、負傷者がいないか確認します。物損事故である場合は自分の身、二次被害が出ないかどうかしっかり確認しましょう。

人身事故の場合、負傷者の安全確保が最優先です!

その次に二次被害が出ないかなどの確認を行いましょう。

また、この際に自分の負傷についてもしっかりと把握し、慌てず、冷静な判断を取りましょう!事故を起こしてしまった場合、元には戻れないので先のことを考えましょう。

ここで道路交通法についても触れておきます
道路交通法では、交通事故が起こった場合の措置が定められています(道路交通法第72条1項前段抜粋)

交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。

この場合注意が必要なのは、加害者や被害者の区別はなく、同乗者も同様に負傷者の救護にあたらなければならないということです。

そのため、事故を起こした際に負傷者の救助というのは義務なのです。

この行動を怠り、ひき逃げといった行動を取ってしまうと救護措置義務違反、または危険防止義務違反として5年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

また、被害者が死亡、負傷していたりすると過失運転致死傷罪、危険運転致死傷罪、殺人罪などが加算され、さらに重い罪になってしまいます。

参考程度に違反点数についても記載しておきます。
「ひき逃げ事故」の行政処分は35点、欠格期間が3年となり、ひき逃げ死亡事故は20点加算され55点、欠格期間が7年、酒酔いひき逃げ死亡事故となるとさらに35点加算され90点、欠格期間は10年となります。

具体的な負傷者の救助について

誰でもできる応急処置について

1.肩を軽く叩きながら大きな声で呼びかけ、反応があるかどうかを見ます。その後、呼吸をしているかどうかを確認します。

2.次に脈拍を確認します。まずは、頸動脈で脈が触れるかどうかをチェックします。脈が確認できない、または触れない場合は心臓マッサージを行います。

救命救急については、消防署などで講習会を行っているために、自動車事故に備えるという意味だけではなく、自分の周りの人の命を救うという意味で、受けておくことをお勧めします。

警察へ連絡

交通事故を起こした際の警察への連絡は義務です。

そのため、この行為を怠ると3ヶ月以下の懲役刑または5万円以下の罰金が科せられます。万が一、当事者が連絡できない場合は、同乗者、目撃者、どなたでも構いませんので連絡するようにしましょう。

この際の注意点!
<軽い交通事故の場合>
加害者から「警察は呼ばず、解決しよう」と提案されることもあります。
これは絶対してはならないことです。
これは、警察の事故証明書がないと、あとから保険がおりないためです。

例)

  1. 治療費の全額を支払ってもらえなない
  2. あとからケガが発覚しても慰謝料を請求できなくなる
  3. 被害者にとって適正な示談金を請求できなくなるリスクがある

交通事故に遭ったら必ず警察に連絡をしましょう。

相手の身元確認(連絡先)

相手の身元確認は警察が行ってくれますが、警察が到着するまでの間に逃げられてしまうケースもあります。

そのため、電話番号を聞いておくことをおすすめします。
じぶんは逃げられかけた経験がありますので皆さんも注意しましょう!

事故現場の保存、記録

事故を起こし、警察が到着するまでの間、事故現場の記録をしておきましょう。

自転車、バイク、車などの破損具合であったり、どれぐらいの速度にによる事故であったか、どのように事故に至ったなど詳しく記録しておくことをおすすめします。

この際、車両ナンバーも控えておきましょう。これはのちに過失割合へ繋がっていきますので非常に大事な項目です。

目撃者の確保

交通事故の証言になってもらうために目撃者がいた場合、連絡先であったり、協力を求めておきましょう。

自分は過去にこの目撃者の存在によってひき逃げさせずに済んだ経験がありますので非常に大事です。

保険会社へ連絡

任意保険に加入している場合、保険会社に「事故発生の日時・場所・事故の概要」を連絡しましょう。

通常、交通事故は保険会社を通してのやり取りになります。

また、保険の適応には時間がかかるケースが多いためになるべく早めに伝えて対応してもらいましょう。
被害者の過失割合がゼロの場合、加害者側の保険会社と直接やり取りすることになります。

交通事故の過失割合が10対0になることは稀なケースですが、頭の中に入れておきましょう。

病院へ行く

交通事故を起こし、意識を失う、明らかに身動きの取れないほどの重症などの場合、警察の実況見分が行われることなく、救急車により病院へ搬送されます。

また、意識はあるが傷が大きい、負傷具合が重症であるといった場合も病院へ通常は行くことになると思います。
しかし、ここで問題なのが事故の際、自覚症状が見られないが、実際は身体で重傷している場合です。

現状、交通事故を起こした後、自覚症状がなく、病院へ行かない人は少なくないです。

その結果、あとで痛みや違和感を感じ、病院へ行ったところ何かしらの症状が見られ、医療費を請求できないといったケースは多く見られます。

事故後に学校、仕事、約束があっても必ず病院へ行き、診断を受けましょう。
これには大きく2つの理由があります。

医師の診断書がないと損害賠償請求できない
事故後は痛みを感じてない場合が多い


因果関係を証明できるようにしよう

これは損害賠償請求を行うためには医師の診断書が必要です。

この診断書は軽い傷であるほど書いてもらえにくくなるので注意です。

また、事故直後に救急車で搬送された負傷者に対する対応と、後日事故現場とは離れた病院で診断を受けた場合、対応が違う可能性があります。

また、診断書を書いてもらえたとしても事故日と診断の日が異なる場合
それが本当に交通事故による負傷かと示談の際に疑いをかけられることにもなりかねません。現状、事故から受診まで2週間を超えると、因果関係を証明するのは難しいとされています。

どんな症状でもしっかりと診断を受け、因果関係を証明できるようにしておきましょう。

こみゅーみゅーかんず。交通事故の時の対処法

交通事故で亡くなる方は世界中でたくさんいます。しかし、最近では、被害者として扱われるのではなく、告発される可能性が高くなっています。もしあなたが事件に巻き込まれてしまった場合、あなた自身とあなたの利益を守るためにできることがあります。

ここでは、万が一、交通事故に巻き込まれてしまった場合に必要な重要な判断をご案内するために、様々なステップをご紹介していきます。

何をすべきか

衝動的に、あるいは誤って何かをしてしまうことがないように、このような状況での対応方法を知っておくことが重要です。

負傷者の救助

事故が発生し、同乗者がいた場合は、自分と同乗者にケガ人がいないか確認してください。怪我をしている人がいたら、すぐに医療機関に連絡しましょう。また、できるだけ早く医療チームや交通調査員に現場に行ってもらいましょう。その間、可燃性の液体が漏れている場合に備えて、車の電源を切り、ハザードランプを点灯させてください。

怪我に注意し、慌てず、冷静に判断しましょう 事故に遭ったら、常に先のことを考えることを忘れないようにしましょう。

道路交通法

この法律は、交通事故が発生した場合の措置を定めたものです(道路交通法第72条第1項より抜粋)。

交通事故が発生した場合には、当該交通事故に関与した車両の運転者は、直ちに運転を停止して負傷者を救助しなければならない。道路上の危険防止等の必要な措置を講じなければならない。

この場合、加害者と被害者の区別はありません。したがって、事故が発生した場合には、負傷者を救助する義務があります。

これを怠って「ひき逃げ」などの行為を行った場合は、5年以下の懲役に処せられます。また、危険防止義務違反として50万円以下の罰金が科せられます。

さらに、被害者が死傷した場合には、過失運転罪が加わります。その結果、より重い罪に問われることになります。参考までに、違反点数についても記載しておきます。

ひき逃げ事故」の行政処分は35点、「欠格期間」は3年、「ひき逃げ死亡事故」は55点に「20点」が加算され、「欠格期間」は7年、「ひき逃げ死亡事故」は90点に「35点」が加算されます。欠格期間は10年です。

応急手当

1. 相手の肩をたたいて大声で呼び、反応があるかどうかを確認します。その後、息をしているかどうかを確認します。

2. 次に、脈をチェックします。まず、頸動脈をチェックして脈があるかどうかを確認します。脈がない場合は、胸部をマッサージして圧迫感を和らげます。

警察に連絡する。

交通事故に遭った時には警察に連絡する必要があります。そうしないと、「3ヶ月以下の懲役」か「5万円以下の罰金」に処せられます。

また、警察に事故現場に入ってもらう一番の理由は、報告書を作成する必要があるからです。特に相手の運転者を裁判にかける場合には、この書類は非常に重要なものになります。警察の報告書は、事故の原因とクラッシュで行われた損傷の評価が含まれています。

事故後のいくつかの時間は、あなたが法的措置を取ることを計画している場合は特に、警察の報告書のコピーを取得したい場合があります。現場を離れる前に、報告書を提出した警察官の名前とバッジ番号、および彼または彼女が代表する機関の名前とバッジ番号をメモしておきましょう。

この場合の注意点!

加害者は、警察を呼ばずに自分たちの間で解決しようと提案するかもしれません。これは絶対にやってはいけないことです。警察の事故証明書がないと、保険金がもらえません。

加害者が言いそうなことの例 . 

  • 治療費の全額を支払ってもらえない
  • 後からケガが発覚しても、賠償金を請求することができません。
  • 被害者が適切な示談金を請求できないリスクがあります。

相手方の本人確認(連絡先

防犯対策として、他の人の連絡先を聞いておくことをお勧めします。これらは、事故後に何か問題が起きた時の大きな助けになるでしょう。

写真を撮る

車にカメラを搭載している場合や、カメラ付きの携帯電話を持っている場合は、目に見える損傷があれば写真を撮っておきましょう。

また、怪我をしている場合は、その様子も撮影してください。ただし、進行中の警察の捜査の邪魔をしてはいけません。事故現場で写真を撮ることができなかった場合は、事故後できるだけ早く写真を撮るようにしましょう。

最も重要なのは、車両番号のメモを取ることです。

正確な記録を作りましょう。

警察が到着したときに、あなたの能力のベストに起こったことを正確に調査官(s)を言うことを確認してください。不明な点がある場合は、警察官に正直に話してください。事実を推測したり、推測したり、ねじ曲げたりしないでください。怪我をしているかどうか聞かれて、はっきりしない場合は、「いいえ」ではなく「はっきりしません」と答えましょう。自動車事故による痛みや怪我は、実際に衝突してから数時間後に明らかになることがよくあります。また、事故に巻き込まれた他の人の供述が正確であることも確認しておきましょう。

目撃者の確保

自分や同乗者が怪我をしていないことを確認した上で、よく知らない場合は連絡先や保険の情報を交換しましょう。

交通事故はトラウマになり、関係者全員が混乱することが多いです。ドライバーがショックを受けているときは、事故の詳細をはっきりと思い出すことが難しい場合があります。どちらの当事者も、それがクラッシュ後に事故の目撃者に頼ることがとても重要である理由は、どちらか、彼らは事故のいずれかの障害を持っていたと信じたいと思っています。この種のケースでは、多くの場合、他の人との間で一つの言葉になってしまいますが、信頼できる目撃者の証言があれば、公正な請求プロセスのより良いチャンスがあり、あなたが原因ではない事故のために過失とみなされることを避けることができます。

ここでは、事故後にドライバーと同乗者が交換すべき最も重要な情報をご紹介します。

  • 氏名と連絡先
  • 保険会社と契約番号
  • 運転免許証とナンバープレート
  • 車両の種類、色、モデル
  • 事故発生場所

保険会社への問い合わせ

事故の日時や場所、概要を保険会社に伝えることが大切です。交通事故は保険会社がサポートしてくれます。

また、保険の申請には時間がかかることが多いので、早めに役員に伝えて依頼しましょう。被害者の過失割合が「0」の場合は、加害者側の保険会社と直接やり取りをすることになります。

しかし、交通事故で『過失割合が10対0』になることは稀ですが、それでもこの点は頭に入れておきましょう。

事実関係を確認する際には、他のドライバーと口論にならないようにすることをお勧めします。保険金請求の際には、被害物件の検査や、ご本人や事故の当事者からの情報提供、裏付けとなる書類などをもとに、スタッフが誰に過失があるのかを判断してくれます。また、警察の報告書や現場の写真なども確認します。

医師の診察を受ける

多くの場合、「自動車事故」による怪我はすぐには気づかないものです。ほとんどの人は、自動車事故の1日か2日後に最も痛みを感じていると報告しています。あなたがそうでない限り、あなたはそのような文を提供する前に、法的なアドバイスを受ける必要があります。あなたの弁護士は、あなたが完全に利用可能な最高の治療を得るためにあなたの車のために補償されていることを確認する方法に至るまでの問題に助言することができます。人身傷害の弁護士は、弁護士があなたのケガのための補償を回復しない限り、弁護士費用はありませんを意味する成功報酬ベースで動作します。

脳震盪は非常に深刻なことができ、症状はしばしばすぐに表示されません。時には症状は明らかに(そのような見当識障害や意識の喪失など)ですが、彼らはまた、より微妙なことができます。以下に脳震盪の症状のリストを示します。

  • 思考の混濁
  • 集中できない
  • 新しい情報を覚えにくい
  • 頭痛が絶えない。
  • 視界がぼやけている。
  • めまい
  • 一日中元気がない。
  • 睡眠パターンの異常(いつもより多く寝る、いつもより少ない)

交通事故の後にこれらの徴候のいずれかを示す場合は、脳震盪を起こしている可能性があります。あなたがこれらの症状に苦しんでいる場合は、すぐに医師の診察を求めてください。

連絡先

詳しくは、お気軽に www.comuunicanssafe.com!

これでバッチリ!交通事故の基本過失割合part1

交通事故の過失割合ってなに?

交通事故の過失割合とは発生した交通事故の責任の割合のことです。

当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い、過失割合を決定します。

その話合いの基準となるのは、過去の裁判例です。実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していきます。

ここでは一般的な交通事故の例を取り上げ、過失割合について紹介していきます。

歩行者と四輪車両

信号機のある交差点での事故

歩行者が青信号で横断を開始し、四輪車が赤信号で交差点に進入した場合の過失割合です。

横断歩道上に歩行者がいる場合には、車は横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、通行を妨げてはいけないと定められています。(道路交通法38条)

当然、青信号で横断を開始した横断歩道上の歩行者には、原則としてどのような状況であっても過失がありません。

赤信号無視の四輪車に100%の過失があります。
この場合は誰もがわかるケースだと思います。

駐車場での事故

駐車スペース内での歩行者と四輪車の事故

駐車場で歩行者と四輪車両が衝突した事故の場合の過失割合です。

この場合、四輪車両90%、歩行者10%の過失割合になります。

駐車場は、車を停めるのと同時に人が乗り降りをする場所です。

駐車場内では常に人が行き来する可能性があります。

駐車場に出入りする四輪車には、常に安全を確認し、歩行者がいる場合には、直ちに車を止める義務があります。

一方、歩行者にも駐車場内では四輪車が来ることが大いに予想されますので注意する義務があります。

駐車場通路での四輪車両と歩行者の衝突

この事故の場合も駐車場の事故と同様であり、四輪車両、歩行者どちらも車の出入り、歩行者の出入りが予想されます。

過失割合は四輪車両90%、歩行者10%となります。

四輪車両同士の交通事故

交差点での直進車同士の事故 信号機有

信号機のある交差点で赤信号を無視して直進したBがAと衝突した事故です。

信号機は守るのが義務です。そのため、Aには過失が一切なく、過失割合は
Bが100%となります。

しかし、信号が変わったばかりのケースであるとAにも多少の過失が発生する場合があります。

交差点での直進車同士の事故 信号機なし

同幅員の交差点の交通事故の場合

信号機のない同幅員の交差点において同程度のスピードで交通事故を起こした場合の過失割合についてです。

結論からいうと  A60% B40%になります。

道路交通法では左側の車を優先することを定めています。
そのため、Aに60%、Bに40%が基本過失割合です。

なお、一方の道路が、優先道路・広路・一時停止標識がある場合
または、T字路交差点である場合は、この割合は適用されません。

一方通行無視の事故

信号機のない交差点において一方通行を無視したA車がB車と衝突した際の過失割合についてです。

過失割合はA80% B20%となります。

この場合、一方通行を無視したAは当然、過失割合は大きくなります。

しかし、Aも交差点を通過する際には徐行、安全の確認といった行動を取るべきです。

そのためAにも20%ほどの過失が存在します。

一方が明らかに広い道路での事故

信号機のない交差点において一方の道路が明らかに広い場合の交通事故に関する過失割合についてです。

明らかに広いとは?
一方の道路がもう一方の道路に比べ2倍広いことをいいます。

道路交通法では広い道路が優先されますので過失はAのほうが大きくなります。
しかし、Bも安全確認、徐行といった行動をとるべきだるために

A70%B30%となります。

一方に一時停止の帰省がある場合の交通事故

信号機のない交差点において一方通行規制がある道路と規制がない道路での衝突についてです。

一時停止規制がある場合、停止線の直前で一時停止する、また交差点を通行する車両の進行を妨げてはいけません。(道路交通法より)

しかし、一時停止規制がないBも通行する車両に注意する必要があるため

A80%B20%となります。

一方が優先道路である場合

信号機のない交差点において一方が優先道路だった場合

優先道路とは?

交通整理が施されていない交差点において、交差する道路を通行する車や路面電車の通行を妨げてはならないとされる道路のことです。

センターラインや車線が交差点の中を通り抜けている道路です。

優先道路を通行している車両の優先度は高く、見通しの悪い交差点でも徐行の義務は科せられていません。

しかし、優先道路であっても安全面への配慮は必ずしも必要であるために過失割合は
A90%B10%となります

交差点で右折車と直進車の交通事故

同じ道路に反対方向から進入した場合 共に青信号の場合

信号機のある交差点において、お互い青信号で進入した直進車と対向右折車が衝突した場合の事故です。

車両等が交差点で右折する場合には、直進や左折をしようとする車両の進行を妨害してはいけません。

右折車は直進車が通り過ぎるのを待たなければならず、右折車のほうが優先度が低くなります。

このケースでは、直進車から対向車が見えているので、対向車が右折してくる可能性を予測して運転する義務があります。

そのため過失割合はA:20%B80%となります。

同じ道路に反対方向から進入した場合 信号機なし

信号機のない交差点において、直進車と対向右折車が衝突した場合の事故です。

このケースは上記のケースと同様にA20%B80%です。

信号機のない交差点に横方向から進入した場合

右折車が優先道路に出る場合

信号機のない交差点において直進車と右折で出てきた車両との衝突による事故につてです。

優先道路の優先度は高くなるためにこのケースでは
A90%B10%となります。

一方に一時停止の規制がある交差点での事故

Aが一時停止の規制を無視して交差点へ進入し、その際Bが右折をするために交差点へ進入したときの事故です。

過失割合は今まで記載してきたように一時停止の規制では停止線前で停止する必要があります。

また、Bについても交差点へ入る際に最善の注意を払う必要があります。

過失割合はA:70%B:30%となります。

道路外出入車と直進者の事故

道路を走行中のAと駐車場や道路外から道路へ進入する際左折したときの衝突についてです。

他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外に出入するための右左折はしてはいけません。

一方、直進車にも前方をよく見ていなかったことに対する過失があります。
そのため、A:20%、B:80%となります。

対向車同士の事故

センターオーバー

車両がセンターラインを越えて対向車に衝突した場合の過失割合となります。

車両は道路の中央から左側を通行しなければなりません。

そのため、Aには過失が発生せず、Bに100%の過失が発生します。

※道路の広さが十分にない、道路工事を行っている場合において道路の中央から右側にはみ出した場合の事故では適応不可

よってA0%B100%となります。

同じ方向に進む車両同士の事故

進路変更車と後続直進車の事故

同一方向に進む際、進路変更をしたBと後続Aとの衝突による過失割合です。

車両はみだりに進路変更をしてはならないとされています。

また、進路変更後の進路を後方から来る車両の速度、方向を急に変更させる恐れがある際には進路変更してはなりません。

一方、AはBが合図などで進路変更をすることが大いに予測できるため多少の過失が発生します。

よってA30%B70%となります。

進路変更車とゼブラゾーンを進行した後続直進車の事故

ゼブラゾーンとは

誰もが見たことあると思いますが、このしま模様で書かれた部分を指します。

ゼブラゾーンに沿って右折車線に進路変更したBとゼブラゾーンを走行してきたAとの衝突についての過失割合です。

同一方向走行中と進路変更との衝突は紹介してきた通り、
A30%B70%となります。

※しかし、ゼブラゾーンを走行している場合、過失割合が変更する恐れがあります。

運転者の意識として、ゼブラゾーンは走行するべきでないとされているため、

Aに対し、10~20%の過失が上乗せされる場合があります。

しかし、ゼブラゾーンを走行するのは違反ではありません。

Uターン車と直進車の事故

Uターンする車両と道路を直進する車両との衝突についての過失割合です。

他の車両の正常な運転を阻害する恐れがある場合、Uターンをしてはなりません。

しかし、Aも合図などでUターンの動きを予測することができるため、多少の過失が発生します。

よってA20%B80%となります。

駐停車車両への追突事故

後方から走行してきたAが道路に駐停車していたBへ追突事故の過失割合です。

この場合、皆さんが思う通りBに過失はありません。
よってA100%B0%となります。

※しかし、駐停車している側にも過失が発生するケースがあります。

上記のルールを違反している場合、多少の過失を問われることも!

駐車場内の事故

駐車場内での隣の駐車車両に接触または衝突

駐車スペースへ入れる際、出る際に隣の車両に接触または衝突した場合の過失割合です。

この場合動いているAに100%の過失割合が発生します。

駐車場内で駐車スペースから出る際、前方道路での衝突

Bが駐車スペースから出る際に、道路を通行するAと衝突した場合の過失割合です。

また、Bが一度駐車スペースへ入り、駐車位置を調整する際に、前進した場合の衝突です。

※A、Bともに前進、バックでも同じとなります。

この際は上記のように状況と捉えるので

他の車の正常な交通を妨げてはならないのでBの過失が大きくなります。

一方、Aは駐車スペースから車両が出てくることは大いに予測できるために多少の過失が発生します。

よってA30%B70%となります。

駐車場内の交差点での出会い頭の事故

駐車場内の交差点において出会い頭での事故の場合の過失割合となります。

よってA50%B50%となります。

※しかし、一時停止表示、一方通行、どちらかの道路が明らかに広い場合は多少の修正があります。

駐車場内を進行する車両と駐車使用とする車両の事故

駐停車を直進するAと通路から駐車場スペースへ入ろうとするBの衝突に関する過失割合についてです。

※前進、バックの場合どちらも同じです。

よってA80%B20%となります。

緊急車両との事故

見通しのきかない交差点での緊急車両と通常車両の交通事故についてです。

見通しのきかない交差点とは?

皆さんご存じの通り、緊急車両は優先しなければなりません。

よってA80%B20%となります。

注意

こみゅーみゅーかんず。交通事故の過失割合

交通事故は単に意図しないことが多いかもしれませんが、特定の個人が根本的な原因になっていることもあります。人が合理的な行動を怠り、他人への配慮を怠った場合、その人は過失行為をしていることになります。不注意による事故は、身体的・精神的に大きなケガを負わせる可能性があります。

交通事故の過失割合とは?

交通事故の過失割合のことで、「過失割合」とも呼ばれています。双方に過失がある事故の場合には、保険会社の誰かが契約して、過失割合を話し合って決めます。

ここでは、一般的な交通事故の例を挙げて「過失割合」について説明します。

信号機のある交差点での事故

これは、歩行者が「青信号」で横断を開始し、四輪車が「赤信号」で交差点に進入したときの誤差率です。

横断歩道に民間人がいる場合は、車が瞬間停止することが求められます。また、通行の妨げになってはならない。 

当然のことながら、青信号中の横断歩道上の民間人は、どのような状況であっても原則として「無過失」です。しかし、赤信号を無視した四輪車には「100%の過失」があります。

駐車場での事故

この事件では、駐車場で「歩行者」が「四輪車」に衝突した。

誤判定率は四輪車が「90%」、歩行者が「10%」です。

駐車場」とは、車を停めるときに人が乗り降りする場所のことです。駐車場には常に人が出入りしているので、ドライバーは出入りに注意し、瞬時に車両を停めて歩行者に道を譲る必要があります。

一方、駐車場には四輪車が入ってくることが予想されるため、歩行者にも注意が必要です。

一方通行の放置事故

一方通行無視事故とは、信号機のない交差点で、一方通行を無視した「A車」が「B車」に衝突したときの過失割合のことです。誤差率はA車が「80%」、B車が「20%」となります。

この場合、一方通行の標識を無視したAの方が誤差率が大きい。しかし、Bも交差点を通過する際には速度を落として安全を確認する必要があります。したがって、Bにも『20%』程度の過失があります。

交通安全に関する記事をご覧になりたい方は、www.comuunicanssafe.com。お問い合わせ、ご提案、フィードバックについては、「お問い合わせ」ページをご覧ください。

また、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックのソーシャルメディアアカウントでのフォローもお忘れなく! 最新のイベントやプロモーションに関する最新情報をお届けするニュースレターを購読してください。