こみゅにかんず:ロードレイジクラスに参加すべきですか?

道路の怒りは重大な事故を引き起こす可能性があります。いつ道路の怒りを経験しているのかを知ることで、紛争にさらに巻き込まれるのを防ぐことができます。道路の怒りによって引き起こされる状況の詳細については、以下を参照してください。道路の怒り

車間の距離が近い

の最も一般的な例は、後ろから車に接近してドライバーを威嚇する行為です。運転の意図よりも近くで運転している場合は、興奮の兆候が見られる可能性があります。

テールテール

ゲートゲートは、次の車線を走行している車が意図的に車両に近づき、運転を妨害する危険な行為です。これが交通事故の主な原因の一つです。 

蛇行運転

蛇行は、右または左に曲がりながら運転する危険な行為です。多くの場合、ドライバーを後ろから威嚇したり、前からの進行を妨げたりするために行われます。

ホーンを使った脅迫

これは行為指し 、ホーンを鳴らし続けることによって特定の車両を脅かすをます。これは、前の車がゆっくりと運転しているときに、後ろからドライバーによって行われることがよくあります。 

追い越し 

これは指し 、意図的にハイビームを後ろから走らせ、それによってドライバーの前方の車両の視界を遮る行為をます。チルト走行では、意図的にハイビームとの干渉を行います。目の前に車両がある場合は、夜間でもロービームに切り替える必要があります。

道路の怒りへの対策

攻撃的なドライバーに遭遇したときに衝突を避けるためにできることがいくつかあります。

警察に通報する

ロードレイジ対策として、ドライブレコーダーやドライブレコーダーを設置する。記録は、事故で何が起こったかの証拠として役立ち、誰が犯罪者であるかについての混乱を取り除くことができます。

遭遇後、できるだけ早く警察に通報することをお勧めします。証拠があれば準備し、次の情報を提供する準備をしてください。

  • 名前、所在、状況
  • 発生した損傷の種類
  • 車のモデルとプレート番号 
  • 進行方向

怒りを制御する

これは、道路の事故に対処するための最も理想的な方法の1つです。道路の怒りに巻き込まれるときはいつでも、相手の怒りを無視して落ち着くように最善を尽くしてください。 

多くの気性の悪いドライバーは、不便に遭遇したときに簡単に暴力に訴えます。彼らがあなたに近づき、あなたを挑発し始めたら、彼らの挑発に応じるよりも警察に電話する方が良いです。

突然の停止を避ける

一部のドライバーは、突然車のブレーキを踏んで、後ろにいるドライバーに戻ります。車の衝突やその他の事故につながる可能性があるため、これは避けてください。代わりに、運転を続け、道路には常に失礼な運転手がいることを受け入れてください。重要なのは、感情が高まっているにもかかわらず、状況にどのように対処するかです。