こみゅにかんず:すべてのドライバーが知っておくべき運転安全の

Komyunikanzu:すべてのドライバーが知っておくべき運転の安全のヒントハンドルを握った

あなたが瞬間、あなたとあなたの乗客の安全があなたの最優先事項でなければなりません。道路で何に遭遇するかを知る方法はないので、常に落ち着いて、物事を合理的に考えることを忘れないでください。多くの人が道路で迷惑をかける可能性がありますが、あなたの人生を危険にさらす価値のあるものはそこにありません。 

あなたとあなたの家族のための安全な旅行のために、私たちはあなたが道路でスムーズな航海旅行をするのを助ける運転安全の秘訣のリストをまとめました。そうは言っても、すべてのドライバーが知っておくべき安全運転のヒントを。 

運転の安全のヒント

  • 次に示しますヒント#1:常に道路に目を離さない

運転中は周囲に気を散らすものがたくさんありますが、注意する必要があるのは道。運転中にマルチタスクを試さないでください。ドライブ中は、できるだけ電話やメッセージに応答しないようにしてください。 

スマートフォンを手に取る必要がある場合は、車両の速度を落とし、横に引っ張ってください。速度を落とすと、道路で予期しないことが起こった場合に対応する時間が増えます。 

  • ヒント2:防御的に的に

運転する積極運転することは、常に道路の怒りと交通事故につながります。あなたの周りには他の車両があり、あなたはレースに参加していないことを常に心に留めておいてください。あなたの周りの車が何をしているかに目を光らせて、予期しないことを期待してください。 

可能であれば、あなたとあなたの周りの車両との間に十分なスペースを残して、接触点がないようにしてください。ルールは、あなたとあなたの前の車の間に2秒のクッションを置くことです。天気が悪い場合は4つにします。 

  • ヒント3:安全な運転計画を立てる

家を出る前に、座席を設定してミラーを調整します。安全のため、運転中はミラーを調整しないでください。これを行うと、運転の邪魔になり、事故につながる可能性があります。 

  • ヒント4:安全の練習 

車両が動いている間に動き回る可能性のある貨物は必ず固定してください。荷物から物が落ちた場合は、次の停車地まで拾わないでください。道路を始める前に、通行料、カード、ガレージチケットなどの必要なアイテムを手の届くところに用意することも重要です。 

  • ヒント5:仲間の行動

を確認する子供と一緒に車を運転する必要がある場合は、旅行をする前に、適切な行動について子供に講義するようにしてください。彼らは常に彼らの席で座屈するべきです。 

  • ヒント6:疲れているときは運転しないでください疲れているときに

運転すると危険にさらされます。必要な場所に行く前に、道路で十分な注意を払って十分に休息していることを確認してください。 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *