こみゅーみゅーかんず。日本の基本的な道路ルール

日本の車は左側通行で右側にハンドルを持って運転しますが、日本の運転は特に難しくも危険でもありません。実際、日本の道路はよく整備されており、道路標識もいたるところにあります。

日本の道路標識は、ほとんどの国際基準に準拠しており、外国人があまりいない地方を除いて、通常は英語で翻訳されています。

日本の大都市では、幹線道路の中には、行きたい場所によって様々な車線があります。土壇場での車線変更を避けるためにも、できるだけどの方向に行くか計画を立てておいた方が良いでしょう。

運転のルール

日本の道路規則は世界のどことも同じですが、道路標識は外国人観光客にとっては混乱を招くことがあります。

ここでは、日本の基本的な運転ルールをいくつかご紹介します。

曲がることが禁止されている場所には、直進を指示する青い矢印が表示されていることが多いです。

交差点を渡る前に必ず車を止めてください。信号が緑になってからすぐに動き出さないようにしましょう。希望の方向に進む前に赤い矢印が出ている場合もあります。都道府県によっては信号機が縦になっているところもあるので注意しましょう。

止まれ」の標識には「止まれ」と書かれた赤い逆三角形が描かれています。

歩行者には道路を横断する権利があります。

交差点では、直進車と左折車に渡る権利があります。右折する車は待たなければなりません。右折する場合は、交差点の中央に移動して、すべての車が通過するのを待ってから曲がるようにしましょう。

日本の速度制限

制限速度は、都市部では30~50km/h、郊外などの道路では60km/h、ほとんどの高速道路では100km/hとなっています。

日本では速度が細かく監視されており、固定式のレーダーや移動式のレーダー(車の中に設置されている)がいくつか見られます。一般的に日本人はアクセルをあまり踏まない傾向があります。

注意が必要です。

日本人のドライバーは礼儀正しく、危険な運転をすることはありません。しかし、運転している地域によっては意外なことに出くわすかもしれません。予期せぬ事態を想定し、落ち着いて運転するようにしましょう。

中には、土壇場でライトを指しながらどこにでも停車してしまいがちなドライバーもいます。覚悟しておきましょう。特に、「タクシー」や「配送車」は、引き返したり、逆走したりすることが多いです。

また、車線と歩行者の区別が曖昧な場所も多いです。自転車や歩行者は、原動機付車両と道路を共有しているので、十分に注意しなければなりません。

車の後ろに黄色やオレンジ色の葉っぱが見えるステッカーが貼られている場合は、高齢者が運転していることを意味しています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *